どこオプサポート対策

です
ADCやってる皆さんだとサポート差が大きくて
レーンに立てないとかって割とよくあるかと思います

サポートも同じ事思ってそうですが、
サポートはADCが外れだと大体のケースで存在する意味が無くなってしまうので、
ADCはそれに比べるとだいぶ自分でコントロールできます

ということで対策を書いていきます

スポンサーリンク

レーンを拒否する

そのまんまです
特にsivirなんかが分かりやすい例ですね
xayahとかも意外とこれに分類されます

pushの早いキャラで一生pushします
殴り合ったら勝てないので、とりあえずpushして
なるべく負けないように努めます

でもやっぱり負ける時は負けますし、
負けた時に腐ることを考えなければなりません
なのでutility低いキャラでpush戦術するときは覚悟を決めてください

 

utilityキャラを使う

asheが良い例ですね
sivirなんかも良い例です

どこオプサポートvsメインサポートの場合、
基本的に最高値が「レーン五分」になります

jgは基本介入しない、というか出来ません
常に押されながらファームすることが結構多いです
どちらかというとウィークポイントゆえに狙われる側ですね

この五分状況~負け状況でも腐らないキャラを選び、
チームにキャリーしてもらえる状況を作るということですね

 

ロングレンジのキャラを使う

caitとかasheとかです
jinxはマナの都合、どこオプの時はファーム食えなかったりします

注意点としては相手のサポートと自分のサポートの相性が悪い時です
この場合は体が弱いこともあり、一回コケた時にどうしようもなくなります

サポートの相性が普通くらいの時に選択すると良い感じだと思います
逆にそういうときであれば、かなり安定する選択肢です

 

総括

結局どこオプサポートvsメインサポートって、ほぼほぼ勝てないんですよね
ただ面白いことに、こういう時って大体味方が強くなるように出来てます

なので、基本的には「味方にキャリーしてもらう」のが目的になります
自分のレーンからアクションを起こそうとしたら大体feedして負けます

こういった自制心もbotならではのポイントかと思いますので、
心を強く持って頑張りましょう

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はスルーされます。さよなら。

Scroll to top